ネイルアート 趣味

自分でやるネイルアート

わたし、ネイルアート大好きです。
もともと細かい作業が好きで、よく器用だって言われました。
残念ながら、芸術的な才能は皆無に等しく、お世辞にもセンスがいいとは言えないので全くの自己満足です。

 

でも、ネイルまでおしゃれをするとテンションあがりませんか?
特別な時や気分転換にちょっとカラーリングしたり、ストーンを置いたりする程度ですが、それだけでもいつもと違う気分になれます。

 

メイクはほぼ毎日しますが、いつも大体同じメイクです。
ヘアスタイルは頻繁に変えたりしません。
せいぜい2カ月に一回くらい美容院でカットしてもらうくらいです。

 

ですから、気分を変えたい時はネイルが一番手っ取り早いんです。
アクセサリーとか付け替えるっていう方法もいいのですが、気に入ったものはそうたくさんはありません。
手軽にできるのは、やっぱりネイルです。

 

パソコンを使う仕事なので、ツメを延ばしすぎるとかなり邪魔です。
だから常につけっぱなしはできません。

 

私のやっているネイル

在宅勤務なので、社会的なマナーはあまり気にしませんが、ギラギラ派手派手にならないようなシンプルなネイルが多いですね。

時々ラメを入れてみたり、模様を入れてみたりしますが、所詮素人の作品です。
とてもお友達に見せるほどの仕上がりにはなりません…。

 

細かい作業はキライではありませんが、なにせツメという限られた場所ですので、そこで何かを表現するのは本当に思った以上に難しいんです。
プロのネイリストさんって、すごいなって心から感心します。たくさんの技術を習得しているんですよね。
ネイリストの資格を持っている方が今はほとんどで、私の担当の方も資格取得者と言っていました。

 

極まれにネイルサロンにお世話になるのですが、当然ながら全く仕上がりが違いますよね。ネイルアートの前のネイルケアの段階で、気持ちよくてとろけそうになります。

 

そもそも自分でネイルするときにケアまできちんとしたことなかったような気がします。記憶にないくらいだから、いかに適当にやっていたのか…うまくいかないのも当然で、仕上がりうんぬん以前の問題ですね。

 

わたしはシンプル派ですが、ネイルアートにはいろいろな種類があるんですよね。
ツメの表面に直接カラーリングしたり、好きなデザインのつけ爪をくっつけたり、ストーンなどの装飾でデコることもできます。

 

それぞれ使う道具や素材が違って、相当こだわっている人でなければすべてを揃えるのも大変です。
ネイルサロンをうまく利用すると、自分でやるのとは違った楽しみ方もできます。

 

気を付けたいのは、ツメにも健康があるということですね。
人工爪を付けるために削りすぎたりすると痛みが出ます。
本物の爪と人工爪の間の隙間にカビが発生することもあります。

 

ネイルを楽しむためには、それなりの健康知識も必要です。
きちんとケアをして、きれいで健康な爪でいっぱいおしゃれをしたいですね。

 

 

ちなみにネイルも趣味でやっていますが、私は最近食育の資格を取りました!
通信講座で勉強して取った、食育インストラクターという資格です。
食事に関すること、子供への食への教育に使える、という資格です。